上級 Master の紹介

bolt tape 上級 master をご紹介します。

 

柔道整復師、整体、オステオパシー、カイロプラクティック、鍼灸など、それぞれの分野の第一線で活躍されている先生方です。


堀江 看士朗 Horie Kashiro


日本体育大学陸上部にて


仙南病院リハビリ科にて


ニセコクラシックにて

統括 BOLT TAPE MASTER

 

堀江 看士朗 (Horie Kashiro) 

 

生年月日:1961年11月3日

 

神戸市生まれ・静岡県清水市で育ち

大阪府富田林市在住

柔道整復師(1981 年 行岡整復専門学校卒業)

 

趣味:ゴスペル (なにわブラック・ペッパーズに所属)

 

<連絡先>

TEL   :090-5016-7085

Email:kan_hallelujah@yahoo.co.jp

 

関西圏で幅広く活躍しています。

まずはメールでお問い合わせ下さい。

                 

 

1984年より医療法人孝仁会沢田病院リハビリテーション室に勤務し、30 年以上にわたって外科・整 形外科領域のリハビリテーションに従事

 

2000年 介護支援専門員、2004年福祉住環境コーディネーター1級を取得 福祉用具の使い方や住 環境の整備についても造詣が深い。

 

2003年より触圧覚刺激法研究会に参加し、痛みに対する治療の研鑽を続けている。

 

2014年より紀州東洋医学研究所にセラピストとして参加し、徒手的な手技療法・セルフケアの指導・ からだの使い方の指導を融合した独自のセラピーを行っている。

 

2015年、IWO 公認セルフケアマスターを取得。

 

ボルトテープとの出会いは、とても魅力あふれる衝撃的なものでした。

 

bolt tape の効果を実証するために、様々なケースに対して bolt tape を使い、膨大な数の症例を重ねてきました。

 

その中で確信を持ったことは、「問題のある場所を的確に選び、その場所に bolt tape を貼れば、望む効果が即座に得られる」ということです。

 

私は、初級ならびに中級 master 研修会の講師も担当しています。

 

講座の中では、bolt tape の素晴らしい効果を実際に体験していただく時間もあります。

 

bolt tape は常に進化・深化しています!

 

みなさん、私たちと一緒に新しい世界を切り拓いて行きましょう!

 

第68回 日本理学療法学会にて


2019年5月に長崎県で行われた第68回日本理学療法学会にて「bolt tape による理学療法への応用」を発表に大きな反響をいただきました。



堀江 彦資朗 Horie Hikoshiro


綿密な動作分析により、より効果の高い bolt tape の貼り方を提案、長崎県高校総体において、長崎純心高校陸上部の三連覇、および複数の大会新記録に貢献しました。


上級 BOLT TAPE MASTER

  

堀江彦資朗 (Horie Hikoshiro) 

  

生年月日: 1963年4月8日

 

静岡県清水市出身、大阪府八尾市在住

柔道整復師(1983年 行岡整復専門学校卒業)

 

<連絡先> 

堀江整骨院 

大阪府八尾市服部川 6-117

TEL   : 072-941-7546

Email : jnh611@r8.dion.ne.jp

 

 

1982年より医療法人永光会新井クリニック、医療法人孝仁会沢田病院等に勤務し、整形外科術後や脳卒中後のリハビリテーションに従事する。

 

1993年より、八尾市バレーボール協会救護班としてトレーナー活動を開始する。

 

1995年 堀江整骨院開業。 以後、プロ野球選手・Vリーグバレーボール選手・スキーフリースタイルオリンピック選手等の施術に当たる。

 

2000年より触圧覚刺激法研究会。「皮膚刺激で筋肉を緩めるという画期的なアプローチを小林孝誌先生に師事する」

 

2011年より森ノ宮手技療法研究会を立ち上げ、後進の指導に当たる。

 

2015年より体表解剖学研究会のスタッフとして筋肉の「触察」指導に当たる。

 

整形外科に勤務し運動器の痛みと向き合ってきました。そこで第一線の理学療法士から関節系・神経系・筋膜系 のアプローチを習得し、実践してまいりました。

 

実兄、堀江看士朗 統括masterから紹介され、超音波エコーを使い、bolt tape の効果を視覚化した論文をISLIS(国際生命情報学会)で発表させていただきました。

 

現在は姿勢分析や動作分析を行い、より効果的な貼り方を提案しています。 

 



大迫 由香 Osako Yuka


日体大陸上部、大村総監督、山田美来選手


日本体育大学 陸上部での施術

上級 BOLT TAPE MASTER

 

大迫由香  (Osako Yuka)

 

生年月日:1977年4月24日

 

鹿児島出身、東京都在住

MRO(J)認定オステオパス

 

<連絡先>

Y’s OSTEOPATHY (ワイズオステオパシー)

東京都千代田区神田駿河台1-5-6

コトー駿河台902

 

TEL   :‪ 090-3146-5310‬

Email : info@ys-osteopathy.com

HP    :https://www.ys-osteopathy.com

 

東京、御茶ノ水駅、神保町駅近くのオステオパシー専門院の女性院長です。

 

ジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシー(当時は4年制の専門学校)卒業。

 

アメリカのの医科大学付属病院(ウエストバージニア、ロバートヤードクリニック)で臨床手技(オステオパシー)医学のインターンも経験しています。

 

医化学に基づく知識と理論を、手技で具現化し、構造と機能が正しく働くような身体作りをサポートしています。

 

自律神経系を調整するテクニックが得意です

 

通常は、不眠、精神的な疲労、内臓虚弱、婦人科系疾患、偏頭痛、不整脈などでお困りの方へ、健康回復のサポートをさせて頂くことが多いです。

 

また新生児、幼児の頭蓋治療、妊婦のケアにも力をいれております。

 

スポーツの分野でも、bolt tape がご縁をくださり、日本代表レベル、日本のトップアスリート、将来有望な若手アスリートなどのケアをさせていただいております。

 

bolt tape は、どなたでも「簡単にセルフケア」ができ、しかも「効果絶大な」ツールであると思います。

 

いくら施術で最善の状態に調整しても、健康維持には日常生活の改善が必須です。

 

bolt tape の磁気共鳴による見えない力が、「痛みの緩和」「炎症沈静」「姿勢の維持」「筋パフォーマンス力向上」など、さまざまな悩みをサポートをしてくれるでしょう。

 

また、bolt tape を使用するメリットとしては、 ジャンルは違えども施術経験豊富な master 達から、その方々に合わせた、お悩みを解決するための貼り方や使い方を直接アドバイスしてもらえることです。

 

そのため、講習を受けた master からしか購入できない仕組みになっていると思います。

 

健康向上を目指すためのみなさまの「専属サポーター」として、私たちは今後も知識と技を磨いてまいります。

 


 日本代表、山田美来選手のサポートを通じて、IAAF国際リレー2019 横浜大会 女子 4×200mmの日本新記録に貢献しました。



板崎 智明 Itazaki Tomoaki

Dr.Dean研修会


姿勢矯正にbolt tape


上級 BOLT TAPE MASTER

 

板崎 智明 (Itazaki Tomoaki)

 

カイロイタザキ博多院代表

カイロプラクター、整体師

脳幹矯正師、クリスタルボウル音響療法師

 

<連絡先>

カイロイタザキ博多院

福岡市博多区博多駅前3-18-8

 

TEL   : 092-471-5222

Email : itazaki@yc5.so-net.ne.jp

 

カイロ整体歴約21年、「患者さんの一生主治医でありたい」という思いから原因療法である、いたざき式脳幹矯正とクリスタルボウル音響療法に力を入れています。

 

治療家として人と向き合っていくうちに、「世の中を良くするには赤ちゃんを幸せにするしかない」という思いが強くなり、赤ちゃんを幸せにするにはママが笑顔になるのが一番と気づきました。

 

マタニティ整体とベビー整体にも力を入れています。

 

私は小学校の頃から頭痛がひどく、私の妹はてんかんの発作持ちで、二人とも病院の検査では異常が無く、整体やカイロプラクティック(以下カイロ)や整体に通っていました。

 

そして、カイロを始めるきっかけとなったのは、今から21年前の私が23歳、妹が19歳の時に心臓発作で妹が急死しました。あまりにもショックでした。

 

病院で治らなくて困っている人を助けたいという気持ちと、カイロをする事が妹の供養にもなると考えて、カイロの学校に入学しました。

 

脳幹矯正は私がカイロプラクティック・整体を21年間やってきて、治療家としての最終到達点は脳幹しかない!!

 

対処療法ではなく、全ての痛みや、症状の本当の原因から調整する矯正方法を作り上げたい。

 

そんな強い思いから、カイロプラクティックのメジャーなテクニック、日本の整体、これらのテクニックの理論を取り入れながら、独自の理論と矯正法で足の先から頭の先までの歪みが一度に良くなるいたざき式脳幹矯正法を開発しました。

 

私が治療家としてやってきたことは、身体だけではなく心の状態もよくなってほしい、心と身体が良くなることで人生がよくなってほしい、そして患者さん自身が自分で自分の心と身体を整えることが出来るようになってほしいという思いでやってきました。

 

いかに自分の心と身体の軸を安定させるのが大切かを感じて、人や仕事、環境にに左右されることなく、患者さん自身がしっかりと「自分軸で自分と繋がる」がテーマでした。

 

そんな時に「bolt tape」と出会いました。

 

bolt tape は今までのテープとは違って、姿勢も骨盤も矯正してくれます。

 

骨格構造を矯正してくれるテープは初めてです。施療効果の持続はもちろん、私の施療院では「姿勢矯正テープ」として活躍してくれています。

 

ボルトテープは自分で自分軸を整えるのに最適です。

 

これからも多くの人々が、いつも笑顔で生活できるように、心と身体と人生を輝かせるお手伝いをしていきたいと思います!!

 


中級master勉強会




辻 市郎 Tuji Ichiro

Dr. Dean 研修会

上級 BOLT TAPE MASTER

 

辻 市郎 (Tuji Ichiro)

 

生年月日:1976年9月1日

 

<連絡先>

いちろうカイロプラクティック

大分県日田市田島1-12-10

TEL   : 0973-23-0653 

Email : icd17460@nifty.com

      

高校を卒業後、2年半のサラリーマン生活を経て父親の経営する治療院で修行(約10年)しながらカイロ学院の講師を務める。

 

2006年(平成18年)独立開業し、今に至る。

 

治療家として20年間、原因療法を追求してきました。

 

私の場合の原因療法とは、骨盤と頸椎(首)を整えることです。

 

骨盤と頸椎は、「硬膜」という薄く硬い膜で繋がっていることから 骨盤がズレると、硬膜の影響で頸椎もズレてしまいます。

 

頸椎がズレると、人間の生命中枢と言われる「脳幹」に圧迫が起こります。

 

脳幹は、

・呼吸

・血液循環(血圧)

・ホルモン分泌(内分泌)

・免疫機能

・自律神経機能(内臓機能)

など、身体の健康を維持するうえで、非常に重要な役割を担っています。

 

脳幹が圧迫され続けると、身体に様々な機能低下を 起こす原因になり、感情にも偏りが起きてきます。 (イライラしやすい、落ち込みやすい等)

 

したがって、身体の機能を 100% 働かせるためには、まず、 構造的に骨盤と頸椎を整えることが重要という 結論に至ったのです。

 

この度、BOLT TAPE JAPAN の皆様とのご縁で、bolt tape と出会い、 施術の中で活用させて頂いております。

 

私は普段から患者さんの骨盤と頸椎の状態や、身体の状態を分析する一つの方法として、施術の前後で姿勢分析を行います。

 

専用の分析器を使ってチェックするのですが、施術前に bolttape を 貼付しだけの状態で分析したところ、驚くことに8割の患者さんに 姿勢の改善がみられました!!

 

この結果は、私の行っている原因療法の心強いサポートになると確信できましたし、従来の筋肉テープとの効果の違いや、応用次第では、スポーツ界にも革命的なものになるのでは!? とも感じています。

 

原因療法と組み合わせて、bolt tape の普及に努めていきたいです。


中級master研修会




岩本 健佑 Iwamoto Kensuke

北海道 ニセコクラシックにて


上級 BOLT TAPE MASTER

 

岩本 健佑 (Iwamoto Kensuke)

 

生年月日 :1981年2月3日

 

出身地:和歌山県高野山

 

<連絡先>

氣楽屋鍼灸院

TEL & FAX:0721-21-1434

Email : haru.kazu.papa@gmail.com

HP     : https://kirakuya.localinfo.jp

 

高校時代から解剖学や生理学・テーピング理論など独学で学び始める。

 

高校卒業後は明治東洋医学院専門学校に進み、はり師きゅう師免許を取得。

 

その後に整形外科や病院のリハビリテーション科に勤務。

 

同時にトレーナーとして野球、サッカー、バレーボール、ゴルフ、バスケットボール、マラソンなどの競技に関わる。

 

現在は富田林で鍼灸施術を中心とした施術所を開設している。

 

bolt tape と出会い、半信半疑ながらマラソン選手に使用してみたところ、肉離れをした部位などに全く痛みが出ず、またその貼り方によってはパフォーマンスがアップするなど驚きの効果を目にした。

 

bolt tape の研究を進めていくうちに経穴(ツボ)に対して貼ることで効果が得られる事がわかり、現在は主に東洋医学の観点で bolt tape を使ってアプローチをしている。

 

「bolt tape のポテンシャルが未だに底が見えません。簡単に効果が期待ができるテープではありますが、使う人によってその効果はグンとアップする印象です。

 

私が目指すのはケガに故障を補うための従来のテーピングとは一線を画した"パフォーマンスアップ"のためのテーピング法です。

 

bolt tape にはそれができると信じてますし、実際に結果も出ています。

 

様々なスポーツシーンで、自分をもう一段階上の世界へと引き上げるきっかけ作りのツールとして、bolt tape をもっとたくさんの人に使っていただけるように願っています。」

 



大平 学 Ohira Manabu

Dr.Dean研修会にて


北海道 ニセコクラシックにて


上級 BOLT TAPE MASTER 

 

大平 学 (Ohira Manabu)

 

生年月日:1958年3月13日

 

北海道虻田郡ニセコ町在住

北海道治療師会認定療術師

 

<連絡先>

薬食館

北海道虻田郡ニセコ町字近藤409-8 

TEL   : 0136-44-3588

Email : yakusyoku4771kan@yahoo.co.jp 

 

22才の時、ドラム練習のやり過ぎで手首を故障、それがきっかけで片山洋次郎氏に出会い野口整体をベースにした独自の整体・気功法を学ぶ。

 

漢方理論を「薬研塾」にて惠木弘氏(明治薬科大)に、漢方臨床を宇戸滝雄氏(日本漢方同友会初代代表)に教わる。

 

1997年(平成9年)人口 4,500人のニセコ町に移住。1年かけて店舗を自分で建築し開業。

  

bolt tape は、私が行っている気功や整体の反応に似ており、貼った瞬間から「暖かい、涼しい、身体が軽い、動きが良い」などの反応を示します。

 

この優れた bolt tape の「ここち良い体感」をより多くの方々に味わって頂けるようにさらに工夫を重ねたいと思っています。

 

最近は、整体の施術中に bolt tape を応用し、さらには、薬局の店頭でも様々な症状に応用して、患者さん達と共にその効果にビックリする毎日です。

 

bolt tape master 研修会の場で、私の体験を多くの仲間と共有したいと願っています。